2022年01月07日

レッスンレポート☆

こんばんは
高槻市沢良木町の樋口亜沙子ギター教室です。ご訪問いただきありがとうございます。
今日も教室は、元気でした!
小学6年生の男の子、1年生の頃から来てくれています。
今年は中学生。早いですね。
クラシックギターの基礎もしっかり取り組みました。
今挑戦している曲は、クラシックギター愛好家なら一度は弾いたことがあるのではないでしょうか。
イタリアのギタリスト・作曲家モッツァーニの「ラリアーネ祭」
参考までに


テーマを、和音、アルペジオ、トレモロの3パターンに分けて弾きます。中級のソロ曲です。ギター奏法で習得したいことが一曲に盛り込まれているわりに比較的、挑戦しやすい曲です。すべて繋げて演奏するととても聴き応えがあり、素敵な曲です。

20220107_224457.jpg

20220107_224506.jpg
彼は楽譜もしっかり読みます。全体的にだいぶ滑らかに繋がってきました。
弾き込むほどに、表情が出てきます。ギターの面白いところではないでしょうか。

それともう一曲、映画「鬼滅の刃〜無限列車編〜」主題歌「炎」のギターソロも挑戦中です。クラシックギターの音色、合いますね。弾きながら改めて良い曲〜と実感します。
けっこう手強い曲ですが、頑張っていますよ!

そして、小学4年生の女の子
彼女は、幼稚園の年長さんから来てくれています。
初めはギターを持って座るのも四苦八苦していました。ギターの基礎をやるために、楽譜を読もうとなってからは、「出来ない!出来ない!」と涙する事もありました。それでもお父さんお母さんの応援もあり、10歳となった今では一人でスラスラ読んで弾いて聴かせてくれます。たいしたもんです。ギターは初めは、単音でメロディーをたくさん弾いてギターに慣れるところから始めます。そこから2声の和音に入ります、ここからが踏ん張りどころです。無理をせずゆっくりゆっくり、一人一人に合った進め方で音の幅を広げていきます。

彼女は地道に頑張りました。そして、何かを乗り越えたのでしょう。すっかりギター少女でございます。
出来ないことなどないのです。
20220107_224612.jpg

そしてそして、小学2年生の女の子です。
彼女は、1年生の頃から通ってくれています。ギターの基礎とそれに沿った曲集でこれまで様々な曲に挑戦してきました。彼女は、知らないであろう曲も果敢に「やってみようかな」と挑戦します。
昨年は初めての発表会にも出演してくれました。たくさんのお客様の前での独奏。ドキドキもしたと思いますが、それを感じさせないくらい見事な演奏でした。
今は、基礎練習、またそれに沿った曲集から一曲とこれまでよりも長い曲に挑戦してみようと「千と千尋の神隠し」より「いつも何度でも」のソロ曲に挑戦中です。
自力で楽譜を読んでいます。根気のいる事ですが、あっぱれです。

20220107_224634.jpg

20220107_224531.jpg

みんなが大切に弾いてくれていてギターさんもきっと喜んでいますよ!
さぁ、私も練習します!
レッスンレポートでした。
posted by 亜沙子 at 21:51| Comment(0) | ジュニアギターレッスン

2022年01月06日

我が家の練習風景

こんばんは
ご訪問いただきありがとうございます。高槻市沢良木町にてギター教室を主宰しておらります、樋口亜沙子です。
主人であります、樋口昌紀(ヒグチマサノリ)は、教室奥にてギター修理・委託販売を手掛ける樋口商店を営んでおります。そして、体調不良の為、一度引っ込んでおりましたが、今年より教室業にも復帰いたしました。
今年は、この二人でギター教室、修理、委託販売など皆さまのギターに関するお悩みを解決できますように尽力いたしますので、どうぞヒグチーズ(←いつの間にか主人が名付けておりましたあせあせ(飛び散る汗))をよろしくお願い致します。

さて、前置きが長くなりましたが、そんなこんなでうちは家族4人ともにギターを弾いております。と言っても主人も私も幼少期より英才教育を受けたわけではないので、華やかな音楽一家という類のものではありません。
主人も私も、10代の頃にギターが弾きたくなって始めたのです。そして紆余曲折を経て現在の仕事に至ります。そんなわけで、子供用に作られたギターが家にあったのです。娘たちはギターがあったので弾いています。
というか私達が始めさせました(^^;)

娘たちはゲーム大好きです。声かけ運動しないと延々とやり続けるでしょう。私もゲームは、よくやっていたので、気持ちはわからないでもない。おまけに超インドアな家族、コロナ前からステイホームな家族なので、ゲームなんてあったらそりゃハマりますよね。
たまには、アナログも捨てたもんじゃないよ的な感じでギターを弾こうとなっております

さぁ今年も練習ですよぉ!

小1次女は、新曲に取り組んでおります。
IMG20220106180245.jpg

ちょっと出来ないとすぐに出来ない出来ないと泣きますあせあせ(飛び散る汗)
そこから、ブツブツ「やりたいって言ってないのに」ともっともなことを言ってきます。
その通りOK!2君が正解だよ!
それでいいから、やろう!と続行です。一度始めたからには完成したい気持ちもゼロではないのでは。実際に出来るようになると、どんどん聴かせてくれます。

IMG20220106181210.jpg
音符も始めました。

IMG20220106181112.jpg
この曲はけっこう好きみたいです。

IMG20220106181856.jpg
主人の伴奏に合わせて良い感じに仕上がってきました。

次女はマイペースです。練習終わってもブツブツ言いながら去っていきます。

そして小4長女

IMG20220106182140.jpg
「アルペジオからやる」と言います。何かを超えたようですね。
「やりたいわけではないけど嫌いではない、だから練習はする」
もうすぐ10歳。はっきり言うようになりました。

抽象的なことは苦手で、見通しがたっていないと分かりづらい長女。
ギターの基礎となるような練習や楽譜に書かれたことを再現するのは嫌いではないのかもしれません。
IMG20220106182514.jpg
お父さんと合わせて一緒に弾くのも満更でもない様子です。

二人にはそれぞれ将来の夢があります。やりたいことをやってくれたらいい。心身ともに健康であれば何だってできる。先を考えることも大切ですが、この先何が起こるかはわからないものです。今をしっかり納得して、楽しいと思えるように日々過ごしてほしいです。その地盤を固めていったその先、きっとなるようになるのだと思います。
そんなこんなで我が家の練習風景でした。知らんがなという感じでしょうが、最後まで読んでくださった方がいらっしゃいましたらば、ありがとうございましたm(_ _)m

20220106_182055.jpg

20220106_181051.jpg


posted by 亜沙子 at 20:40| Comment(0) | 日記

2022年1月5日㈬ 今年もレッスン始まりました。

あけましておめでとうございます。
高槻市は沢良木町にてギター教室を主宰しております、樋口亜沙子です。
皆さまのお役に立てますよう、今年も尽力します。
どうぞ、よろしくお願い致します。

新年一発目のレッスンは、小学1年生の双子さんです。元気にやってきてくれましたよ!
マイギターをケースから取り出すなり、「手のひらを太陽に、楽譜見なくても弾けるようになったよ!」ととっても嬉しそうに教えてくれました。頼もしい!
ふたりの音色からは、ギターが好きという想いが伝わってきます。

今日は教室最年少の幼稚園児さんも来てくれました。
自分でギターを背負ってる姿は、すでに立派なギタリストです。小さな手で確実に弦を捕らえてしっかりキレイな音を出してくれます。

皆さんの嬉しそうな顔、そしてギターを演奏する真剣な眼差しに、身の引き締まる思いでおります。
今年も皆さん、それぞれの想いをギターにぶつけてくださいね。
自分らしく、楽しみましょう!

IMG_20220106_002044.jpg
幼稚園児さん作
テレビで何か見たらしいです(^^)




posted by 亜沙子 at 00:16| Comment(0) | 日記