2022年01月14日

ギター曲には名曲がいっぱい!

こんばんは
高槻市は沢良木町にて、ギター教室を主宰しております樋口亜沙子です。ご訪問いただきありがとうございます。
今日は風も強く寒い一日でしたが、教室は開講しておりました!
さて、小学2年生のレッスンレポートです。
4歳の頃から来てくれている彼女。1番小さなサイズのクラシックギターをこれまで使用していましたが、成長に伴い最近ギターをサイズアップしました。
小学2年生になった彼女は、昨年はたくさんのステージを踏みました。一見クールに見える彼女ですが、人前で演奏するのは、やはりドキドキもたくさんしたと思います。
それでも、人前に出ると最後までしっかり演奏を聴かせてくれました。
20210920_163004.jpg

今、彼女が取り組んでいる曲は、クラシックギターの練習曲。
イタリアのギタリスト、フェルディナンド・カルリ作曲の「エチュードイ短調」
IMG20220114003622.jpg

少しずつ区切って、一つ一つ音を読みながら練習中です。
地道な作業ではありますが、嫌いじゃなさそう。勝手に私が思っているだけですが(^^;)

クラシックギターの曲は、あまり馴染みがないかもしれませんが、知らない曲から何かの発見に繋がることもあるかもしれません。
色々な曲と出会ってほしいな思っています。

それにしても、こどもたちの成長って本当に早いものですね。今をおもいっきり楽しんでほしいです。
それではまた!
posted by 亜沙子 at 01:15| Comment(0) | ジュニアギターレッスン

2022年01月12日

良い響きは、助けてくれる。

こんばんは
当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。高槻市は沢良木町にてギター教室を主宰しております、樋口亜沙子です。

さて昨日は、小さなお子さんのレッスンについて記事を書きました。今日は、小さなお子さんが使用しているギターについて書きます。

ギターは、ナイロン製の弦が張られていて比較的、指に優しいクラシックギターをお使いいただいております。
このクラシックギターは、お子さんのための教育楽器として様々なサイズが展開されています。

お子さんは個人差もありますが、すぐに背が伸びるので、ぴったりより若干大きめのサイズのギターをお使いいただいても良いかと思っています。

〈サイズの目安〉
4歳〜小学生低学年のお子さんで・・・48cm又は、53cm
小学生中学年〜高学年のお子さんで・・・58cm又は、61cm
中学生以上から大人の方と同様に・・・63cm〜65cm(標準サイズは、65cm)

価格は、おすすめしている範囲で書きますと、30,000円〜66,000円ほどです。

お子様のため、どうしてもサイズ交換が必要になります。都度買い換えることに越したことはありませんが、考えてしまうものです。あまり低価格帯なものは、おすすめしません。ギター自体が響かないからです。
お子さんって敏感です。響きをちゃんと聴いています。可能な限り良い音を聴かせてあげてください。良い響きは弾いているとテンションがあがります。自宅練習の助けにもなってくれます。

以上かなりざっくりした説明でした。お読みいただいた方、ありがとうございました。
posted by 亜沙子 at 13:45| Comment(0) | 日記

2022年01月11日

小さいお子さんのレッスンは、どのようなことをしているのか。

こんばんは。高槻市沢良木町にてギター教室を主宰しております、樋口亜沙子です。ご訪問いただきありがとうございます。

ギターという楽器、見たことがある方は多数おられることかと思います。そして実際に触れたことがある方の中には、押さえるのに大変!指が痛いやつ!というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。幼児から弾くことが出来る!なんていったいどんな風にやっているのかイメージが湧きにくいかと思います。あまりダラダラ書いても面白くないので、ざっくりご説明します。

まずは、ひとつの動作に集中します。

最終は左右両方の手指を同時に動かして演奏の幅を広げていきます。

まずは右手から、6本ある弦を1本ずつ丁寧に、人差し指と中指を交互に一定のリズムで弾けるように目指します。
それだけです。

慣れてきたら、左手指で1本の弦を押さえたり、離したりする動作に挑戦。このとき、それまで取り組んだ右手指も登場です。左手指で押さえたり離したりしている弦と同じ弦を、右手指で弾きます。そして音が変化していることに気付けたらラッキー!

ギターは、ド〜レ〜ミ〜と弾きたい場合、2つの左右の手指を使う2つの動作がいります。

そして、ドレミファソと音が出せるようにまずは目指します。ギターは、基本のポジションで弾くとき、ドレミファソラシドの中で左手指で押さえなければならない音は、ドミファラドのみです。
参考までに




ドレミファソが出来たら、いよいよ曲に挑戦です。左手指で押さえなければならない音は、ドとミだけです。





楽譜はまずは、ひらがなが読めたら十分です。こんな感じの譜面をお渡ししています。
IMG20220110001231.jpg

IMG20220110001238.jpg

このような譜面でまずは、たくさんのメロディーを弾きながらギターを楽しんでもらいたいと思っております。
とてもザックリしていますが、レッスンではこのようなことをしています。
楽器についてはまた、ご紹介します。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
posted by 亜沙子 at 10:36| Comment(0) | ジュニアギターレッスン