2022年02月02日

我が相棒、ラミレスとともに

こんばんは
高槻市は沢良木町にてギター教室を主宰しております、樋口亜沙子です。当ブログへお越しいただき誠にありがとうございます。
最近は、教室用のインスタへ何かと投稿していましたので、ブログをサボってしまいました。
インスタにはなるべく教室やギターに関したことを投稿しようと思っていますので、ご興味ありましたら一度覗いてみていただければ嬉しいです!
合わせて、こちらのブログもアップしていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

さて、早くも2月に突入。今年は、何かと挑戦の年にしようと思っています。そして、日々の教室活動に活かせられるように学びたいと思っております。

その一環として、最近録音作業をしております。CDを出すとかそんな大それたことではないです(笑)出来ないし、やれたとしても面白いものが完成するとは思えないのでそんなことではなく、私自身の修行です。
あまり一般的には知られていないのかもしれませんが、クラシックギターにも他の楽器のようにコンクールというものが存在します。
小学生部門や、一般、シニアと各部門が設定され、全国のクラシックギター愛好家が集います。とはいえ、本戦に進めるのは、録音予選に合格してからとなります。そして、予選にはレベルに応じた課題曲が決められているのです。
自己の研鑽として毎年多くの方が、挑戦されているようです。
そこで、私もこの2月15日に締め切りの録音予選に申し込むことに決めました。
本戦は、自由曲ですが予定している曲は、上位を目指すには猛特訓が必要な曲です(^^;)
その曲目も明記して応募しなくてはいけません。
そこはさておき、録音審査に通らなければ始まりません。過去に弾いた曲とはいえ、録音となるとやはり慎重になります。慎重すぎて不自然になってもいけないし、とにかく出来るだけ納得したものに仕上げたいので、けっこう時間がかかります。
リバーブなど、加工してはいけません。失格です。とにかくギター1本で勝負です。とても原始的ですね。
師匠である松島多見先生にご指導を仰ぎ、再度録り直すべくレッスンの合間に、籠もっております。
今回挑戦するのは、5月3日、4日に開催予定の山陰ギターコンクールです。
応募するのは、一般中級部門です。録音予選課題曲は、「マリア・ルイサ」というクラシックギターのために書かれた曲です。クラシックギター愛好家の方であれば、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
録音すると自分の演奏を客観的に聴くことが出来るので、とても良い勉強になります。
あちゃ〜あせあせ(飛び散る汗)と思うことも多々ありますが、現実を受け止めてこそ次への道が開けるのだと、自分を鼓舞しております。
さぁ、弾こう!
IMG20220129170904.jpg
posted by 亜沙子 at 14:28| Comment(0) | 日記

2022年01月12日

良い響きは、助けてくれる。

こんばんは
当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。高槻市は沢良木町にてギター教室を主宰しております、樋口亜沙子です。

さて昨日は、小さなお子さんのレッスンについて記事を書きました。今日は、小さなお子さんが使用しているギターについて書きます。

ギターは、ナイロン製の弦が張られていて比較的、指に優しいクラシックギターをお使いいただいております。
このクラシックギターは、お子さんのための教育楽器として様々なサイズが展開されています。

お子さんは個人差もありますが、すぐに背が伸びるので、ぴったりより若干大きめのサイズのギターをお使いいただいても良いかと思っています。

〈サイズの目安〉
4歳〜小学生低学年のお子さんで・・・48cm又は、53cm
小学生中学年〜高学年のお子さんで・・・58cm又は、61cm
中学生以上から大人の方と同様に・・・63cm〜65cm(標準サイズは、65cm)

価格は、おすすめしている範囲で書きますと、30,000円〜66,000円ほどです。

お子様のため、どうしてもサイズ交換が必要になります。都度買い換えることに越したことはありませんが、考えてしまうものです。あまり低価格帯なものは、おすすめしません。ギター自体が響かないからです。
お子さんって敏感です。響きをちゃんと聴いています。可能な限り良い音を聴かせてあげてください。良い響きは弾いているとテンションがあがります。自宅練習の助けにもなってくれます。

以上かなりざっくりした説明でした。お読みいただいた方、ありがとうございました。
posted by 亜沙子 at 13:45| Comment(0) | 日記

2022年01月06日

我が家の練習風景

こんばんは
ご訪問いただきありがとうございます。高槻市沢良木町にてギター教室を主宰しておらります、樋口亜沙子です。
主人であります、樋口昌紀(ヒグチマサノリ)は、教室奥にてギター修理・委託販売を手掛ける樋口商店を営んでおります。そして、体調不良の為、一度引っ込んでおりましたが、今年より教室業にも復帰いたしました。
今年は、この二人でギター教室、修理、委託販売など皆さまのギターに関するお悩みを解決できますように尽力いたしますので、どうぞヒグチーズ(←いつの間にか主人が名付けておりましたあせあせ(飛び散る汗))をよろしくお願い致します。

さて、前置きが長くなりましたが、そんなこんなでうちは家族4人ともにギターを弾いております。と言っても主人も私も幼少期より英才教育を受けたわけではないので、華やかな音楽一家という類のものではありません。
主人も私も、10代の頃にギターが弾きたくなって始めたのです。そして紆余曲折を経て現在の仕事に至ります。そんなわけで、子供用に作られたギターが家にあったのです。娘たちはギターがあったので弾いています。
というか私達が始めさせました(^^;)

娘たちはゲーム大好きです。声かけ運動しないと延々とやり続けるでしょう。私もゲームは、よくやっていたので、気持ちはわからないでもない。おまけに超インドアな家族、コロナ前からステイホームな家族なので、ゲームなんてあったらそりゃハマりますよね。
たまには、アナログも捨てたもんじゃないよ的な感じでギターを弾こうとなっております

さぁ今年も練習ですよぉ!

小1次女は、新曲に取り組んでおります。
IMG20220106180245.jpg

ちょっと出来ないとすぐに出来ない出来ないと泣きますあせあせ(飛び散る汗)
そこから、ブツブツ「やりたいって言ってないのに」ともっともなことを言ってきます。
その通りOK!2君が正解だよ!
それでいいから、やろう!と続行です。一度始めたからには完成したい気持ちもゼロではないのでは。実際に出来るようになると、どんどん聴かせてくれます。

IMG20220106181210.jpg
音符も始めました。

IMG20220106181112.jpg
この曲はけっこう好きみたいです。

IMG20220106181856.jpg
主人の伴奏に合わせて良い感じに仕上がってきました。

次女はマイペースです。練習終わってもブツブツ言いながら去っていきます。

そして小4長女

IMG20220106182140.jpg
「アルペジオからやる」と言います。何かを超えたようですね。
「やりたいわけではないけど嫌いではない、だから練習はする」
もうすぐ10歳。はっきり言うようになりました。

抽象的なことは苦手で、見通しがたっていないと分かりづらい長女。
ギターの基礎となるような練習や楽譜に書かれたことを再現するのは嫌いではないのかもしれません。
IMG20220106182514.jpg
お父さんと合わせて一緒に弾くのも満更でもない様子です。

二人にはそれぞれ将来の夢があります。やりたいことをやってくれたらいい。心身ともに健康であれば何だってできる。先を考えることも大切ですが、この先何が起こるかはわからないものです。今をしっかり納得して、楽しいと思えるように日々過ごしてほしいです。その地盤を固めていったその先、きっとなるようになるのだと思います。
そんなこんなで我が家の練習風景でした。知らんがなという感じでしょうが、最後まで読んでくださった方がいらっしゃいましたらば、ありがとうございましたm(_ _)m

20220106_182055.jpg

20220106_181051.jpg


posted by 亜沙子 at 20:40| Comment(0) | 日記