2022年01月12日

良い響きは、助けてくれる。

こんばんは
当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。高槻市は沢良木町にてギター教室を主宰しております、樋口亜沙子です。

さて昨日は、小さなお子さんのレッスンについて記事を書きました。今日は、小さなお子さんが使用しているギターについて書きます。

ギターは、ナイロン製の弦が張られていて比較的、指に優しいクラシックギターをお使いいただいております。
このクラシックギターは、お子さんのための教育楽器として様々なサイズが展開されています。

お子さんは個人差もありますが、すぐに背が伸びるので、ぴったりより若干大きめのサイズのギターをお使いいただいても良いかと思っています。

〈サイズの目安〉
4歳〜小学生低学年のお子さんで・・・48cm又は、53cm
小学生中学年〜高学年のお子さんで・・・58cm又は、61cm
中学生以上から大人の方と同様に・・・63cm〜65cm(標準サイズは、65cm)

価格は、おすすめしている範囲で書きますと、30,000円〜66,000円ほどです。

お子様のため、どうしてもサイズ交換が必要になります。都度買い換えることに越したことはありませんが、考えてしまうものです。あまり低価格帯なものは、おすすめしません。ギター自体が響かないからです。
お子さんって敏感です。響きをちゃんと聴いています。可能な限り良い音を聴かせてあげてください。良い響きは弾いているとテンションがあがります。自宅練習の助けにもなってくれます。

以上かなりざっくりした説明でした。お読みいただいた方、ありがとうございました。
posted by 亜沙子 at 13:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: