2021年07月10日

レッスンレポート

こんばんは。
ご訪問いただきありがとうございます。ギター教室を主宰しております、樋口亜沙子です。

今日は、小学1年生と小学3年生のご姉弟のレッスンレポートです。教室には、ご兄弟で通ってくれているお子さんたちもいます。

最初は、弟くんから。
幼稚園年長さんからきてくれています。色々な曲を弾くのが大好きで童謡などのメロディーをとても元気に弾いてくれます。まだまだ楽譜を読むことはこれからですが、新しい譜面を渡すとその場で、ギターの音の位置を確かめます。その眼差しは真剣そのもの。お家でも弾いてるんだろうなぁというのが伝わってきます。まだまだ小さな指にもかかわらずしっかりしたチカラ強い音色なのです。
ギターさんも喜んでいるよ!

そしてお姉ちゃん。
小学2年生から通ってくれています。おねえちゃんも初めは単音のメロディーからスタートでしたが、初めから少しづつ音符を読む練習を重ね、今では随分読めるようになりました。
メロディーに少しづつ伴奏となる音を増やしたりして、単旋律のみであった曲からギターソロの曲にステップアップ中です。
お姉ちゃんのギターの音色も、芯のあるとてもキレイな音色なのです。
一音一音、丁寧な響き。すごいなぁ〜!

楽器の音って本来その楽器が持っている音色の特徴もあるのでしょうが、なにより弾き手で作られていく部分もあるんじゃないかなと思っています。年齢とともに変化もするでしょうし、その時の感情もダイレクトに表れたり。
その人間味あふれるところが楽器って面白いなぁ。

お互いのレッスンを待っている間は、パズルや塗り絵などなど、楽しく過ごしてもらえたらなと思っています。
20210703_135026.jpg
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by 亜沙子 at 22:14| Comment(0) | ジュニアギターレッスン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: