2021年06月30日

明日は、弾こう会。

こんにちは。
ギター教室を主宰しております、樋口亜沙子です。ご訪問いただきありがとうございます。
さて、今年は木村ギター教室の発表会が、開催される予定です。いきなり、なんですか!?という話だと思われますのでざっくり説明致しますと、木村ギター教室は東大阪にあります。小さなお子さまから大人の方まで沢山の方が、ギターを楽しんでおられます。特に早期ギター教育を長年推奨されています。詳しくこちらへ

そして、昨日のブログでも触れましたが、私や娘がお世話になっている、松島多見先生が師事されているのが、木村英明先生です。

そして冒頭の話に戻りますが、木村先生のギター教室発表会が昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、中止を余儀なくされたのですが、今年は感染対策をした上で、開催される予定ということなのです。そして、私も松島先生の教室から発表会に参加するという話でございます。

ざっくりした説明に、前置きが長くなってしまいましたが、1年ぶりの参加です。前回は、フェレール作曲 「水神の踊り」でした。
今年は、フェルナンド・ソル作曲 「メヌエット ニ長調」「メヌエット イ長調」です。
そして、明日は発表会前に舞台で人前演奏してみようということで、「弾こう会」なるものが、富田のふれあい文化センターで開催されます。
私を含め、8名が演奏します。
もちろん、松島先生も発表会で演奏されます。松島先生は様々なギターコンクールに、現在も精力的に挑戦されています。

音楽って、ただでさえ敷居が高いイメージでこれはもはや払拭不可能ではないのか、いや払拭する必要はないのかもしれません。ひとそれぞれの感じ方があるので、間違いはないと思うので。
そして、クラシックなんて言葉がつくだけで、敷居の高さがより高くなるんでしょうね。
私も初めはそうでした。
しかし、実際に取り組んでみると、なんか純粋に楽しめたのです。楽譜を読んだり、もちろん難しいなと感じることも沢山あります。
それでも、小さなお子さん〜大人の方が日々の生活のなかでギターにふれあい、悪戦苦闘も含め、打ち込んでいるんだろうなという姿を発表会などで見たりすると、こどもの頃のような、何かに純粋に取り組んでいるワクワクさのようなものを感じることができ、感動します。そして、こちらも元気をもらえるのです。

楽器演奏ってそういうところがあるように私には感じられ楽しいのです。そこには、出来る出来ないと言ったことなど存在していないんじゃないかなと。

そんなこんなで明日は、人前練習会に挑戦です!
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキング
posted by 亜沙子 at 13:45| Comment(0) | ギターレッスン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: