2021年02月21日

日々の生活が音楽に繋がる

こんばんは。
日曜日は教室がお休みでした。朝からもくもくと家事をし一段落ついたところで、ずっと前から気になっていた事がようやく出来ました。
 バイオリンの弦交換です。約10年前、結婚と同時に始めたバイオリン。当時、弾いていたギターを売って思いきって購入。購入と同時にいざバイオリン教室へ。主人が、たまたま知っていた先生に勇気を出して電話してみました。知っていたといっても一方的に知っていただけ。初めての人にいきなり、「バイオリン習いたいんですけど…」話したこともない人に電話をかける、とても勇気のいることでした。基本的には初めてのことや、環境の変化に対応するのに時間がかかるタイプなので、電話をかける行為も苦手ではあるのですがやってみたいこととなると不思議とやれるというか、やらねばと思ってしまうのかもしれません。

先生はとても気さくな方で、すぐに見学OKでした!
バイオリン以外にも、トライアスロンをしてみたり、家庭菜園をかなり本格的にしてみたり、南米音楽のフォルクローレでバイオリンを演奏したり、ケーナを吹けばすごい!レッスンの休憩時間に手作りのおやつを出してくれたり、私がバイオリンに抱いていたイメージをとことん覆してくれたのです。音楽というものが人の生活のなかにあるということを改めて感じさせてもらったようでした。

新しい弦で復活したバイオリン。タイスの瞑想曲、思いだそうメロディ

20210221_150357.jpg
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by 亜沙子 at 21:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: