2022年02月02日

我が相棒、ラミレスとともに

こんばんは
高槻市は沢良木町にてギター教室を主宰しております、樋口亜沙子です。当ブログへお越しいただき誠にありがとうございます。
最近は、教室用のインスタへ何かと投稿していましたので、ブログをサボってしまいました。
インスタにはなるべく教室やギターに関したことを投稿しようと思っていますので、ご興味ありましたら一度覗いてみていただければ嬉しいです!
合わせて、こちらのブログもアップしていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

さて、早くも2月に突入。今年は、何かと挑戦の年にしようと思っています。そして、日々の教室活動に活かせられるように学びたいと思っております。

その一環として、最近録音作業をしております。CDを出すとかそんな大それたことではないです(笑)出来ないし、やれたとしても面白いものが完成するとは思えないのでそんなことではなく、私自身の修行です。
あまり一般的には知られていないのかもしれませんが、クラシックギターにも他の楽器のようにコンクールというものが存在します。
小学生部門や、一般、シニアと各部門が設定され、全国のクラシックギター愛好家が集います。とはいえ、本戦に進めるのは、録音予選に合格してからとなります。そして、予選にはレベルに応じた課題曲が決められているのです。
自己の研鑽として毎年多くの方が、挑戦されているようです。
そこで、私もこの2月15日に締め切りの録音予選に申し込むことに決めました。
本戦は、自由曲ですが予定している曲は、上位を目指すには猛特訓が必要な曲です(^^;)
その曲目も明記して応募しなくてはいけません。
そこはさておき、録音審査に通らなければ始まりません。過去に弾いた曲とはいえ、録音となるとやはり慎重になります。慎重すぎて不自然になってもいけないし、とにかく出来るだけ納得したものに仕上げたいので、けっこう時間がかかります。
リバーブなど、加工してはいけません。失格です。とにかくギター1本で勝負です。とても原始的ですね。
師匠である松島多見先生にご指導を仰ぎ、再度録り直すべくレッスンの合間に、籠もっております。
今回挑戦するのは、5月3日、4日に開催予定の山陰ギターコンクールです。
応募するのは、一般中級部門です。録音予選課題曲は、「マリア・ルイサ」というクラシックギターのために書かれた曲です。クラシックギター愛好家の方であれば、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
録音すると自分の演奏を客観的に聴くことが出来るので、とても良い勉強になります。
あちゃ〜あせあせ(飛び散る汗)と思うことも多々ありますが、現実を受け止めてこそ次への道が開けるのだと、自分を鼓舞しております。
さぁ、弾こう!
IMG20220129170904.jpg
posted by 亜沙子 at 14:28| Comment(0) | 日記