2020年05月19日

何か聴こえる( ゚Д゚)

ご訪問いただき誠にありがとうございます。
ここのところ我が家では、夜な夜なブルースが響き渡っているのです。
正体はこちら

主人です。
左手につけているものは、ボトルネックといわれるもの。これを指にはめ、弦に当てて滑らすとチュイ〜ンとなるわけです。このスタイルはやったことないけれど、知ってはいましたし、実際この手のジャンルのコンサートにも行ったことあります。私には絶対出来ない。この感じを出すことは出来ないけれど、嫌いじゃない。
主人が弾いてるのを聴くと実にしっくりくるのはなぜだろう?

昼〜夜にかけ練習し早朝、動画を撮影しているのです。
これ音量、難しくないですか?ご近所いますよ(;^_^A 

明日の早朝も聴こえてくるのかな。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
タグ:お知らせ
posted by 亜沙子 at 23:11| Comment(0) | ギター日記

長女の奮闘記

ご訪問いただき誠にありがとうございます!
我が家の小3長女は超敏感で不安が強く、環境の変化が苦手です。お友達とのコミュニケーションも苦手で不測の事態も対処法がわかりにくいため、彼女にとって学校は不安だらけなのです。
幼稚園の頃は比較的、みんな自由に過ごさせてもらっていたので、彼女にとってはまだ大丈夫だったのでしょう。それでも朝の行き渋りは結局なんだかんだ卒園するまでありました。幼児だし、そんなものなのかもしれない。母がササッと帰ればケロッとしてるとのことだったので、こちらも大丈夫かなぁ?とは思いつつ、そのままやり過ごしておりました。

小学生になってからもやっぱり入学当初は玄関で泣いたり、校門前で泣いたり、先生に教室まで連れて行ってもらったりでした。それでも小学1年生の時は家に帰ってくると元気で、遊びにも行ってました。小2になって2ヶ月経った頃にクラスで感染性胃腸炎が流行り、嘔吐する子が続出したようです。長女も私の実家で激しく嘔吐を繰り返しました。それ以来、学校や私の実家は恐怖の場となったのです。
そして、一人での登校が出来なくなりました。嘔吐がひとつのきっかけとなったのかもしれませんが、これまでも不安を抱えていたのでしょう。一気に爆発したのかもしれません。

そこから我が家の奮闘記が始まりました。現在進行形です。その状況の中、世界的に今度はコロナウイルスが流行し、現在は休校中ですがこれから先どうなるのか。

そんな長女が大好きなのは絵を描くこと
IMG_20200519_003711.jpg

我が家の闘いは続きます!
posted by 亜沙子 at 00:28| Comment(0) | 雑記