2020年04月19日

紹介します。

ご訪問いただきありがとうございます。
日曜日、教室はお休みをいただいております。

今日は雑記です。お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんし、初めてこのホームページを見てくださった方にとれば、当教室のホームページ、トップ画面下の方にある「まさのりブログ更新しました」って、いったい誰なのか疑問に思っておられる方もいるかもしれません。そこで、今日は少しだけ紹介させていただきたいと思います。

実は当教室は以前、隣の店舗で、10年間うちの主人であります、樋口昌紀が中心となりギター教室を開講しておりました。10年の間に多くの方が通ってくださり、とても感謝しております。
主人は長年、持病と闘っております。そして、教室開講当時も2度、体調悪化により、休業をさせていただきました。この2度目に教室を閉める決断に至りました。当時は本当に突然たくさんの方にご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳なく思っています。

2度目の休業を経て、主人の実家の家業を手伝う傍らそこで、少しだけギター教室を再開しました。そこから1年程たち再び体調を崩し、3度目の休業をしました。この時も通ってくださっていた方には、ご迷惑をおかけし、心苦しく思っています。昨年の11月です。この時は体調悪化がひどく3ヶ月の入院を余儀なくされました。そして2月末に退院となり、現在は通院そして訪問看護の方にお世話になりながら、自宅で過ごしております。

そして私が主人の後を引き継ぐ形で、教室を以前の場所から隣へ移し、新たに教室を開講しました。

主人の病は、現在も完治はしておりませんが、様々な人のおちからを借りながら、健康な体を取り戻すべく、1日1日過ごしております。本人は感じていないようですが、私は主人は文才があると思っています。本人も書くことは好きなようで、それなら、と当教室ホームページにブログを載せることになりました。
完全社会復帰とまではまだいきませんが、主人自身のやれるペースでブログを書いてみたり、教室の手伝いをお願いしたりしています。

私は、主人の病は完治するというよりかは和らげていくものかなと思っています。その都度起こる症状の波を受け入れいれてぼちぼちやっていくということでしょうか。お天気のようなものかなと。
人間誰しも得手不得手がある。同じ流れに沿って歩んでいける者ばかりではありません。水中でしか生きられない生き物が、陸で生活しろと言われても生きられるわけがない。

それぞれに合った場所があるのです。

そんなわけで、ちょくちょく主人、樋口昌紀はブログをアップしていますので、読んでいただけましたら嬉しく思います。よろしくお願いいたします!
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/
posted by 亜沙子 at 20:01| Comment(0) | 雑記