2020年04月27日

生みの苦しみ

ご訪問いただきありがとうございます。
この時間いつも苦しんでおります。今日は当教室HP担当の樋口昌紀が私についての記事をついに書きました。真実を暴露ですね。お時間ありましたら、こちらのブログもぜひ参考にしていただければと思います。
そうです、私は文章を書くことが苦手なのです。小学生のころからずっと。読書感想文、実験の感想。文章が苦手な者からすると、授業の残り10分、15分で感想を求められても苦痛しかないのです。で、クラスに必ずいる文章が好きな人。鉛筆の弾む音、新たな原稿用紙を求めて前に出ていく者。それはそれは楽しそう。かたやチャイムが鳴ることに焦りを感じ、焦れば焦るほど何も書けず、あらすじ、実験でやった事に原稿用紙の半分以上を費やし、最後の一文に「すごかったです」といったふうに、気の利いた一言も書けずに終わるのです。

そんなわけで避けてきた道。しかし、教室ということを始めてホームページというものを立ち上げたからには、この教室が稼働しているのかどうかを伝えることは責務だと考え、毎日ひとつでも更新をしようと思っているのです。

野球のことはあまり分かりませんが、私からすると当教室HP担当、樋口昌紀はまさに四番バッターなのです。勝てっこない。タイプの音が昼夜響き渡っているのです。実に軽やかなタイプ。あ、こんなことを言ってる場合ではないのです。日付が変わってしまう。

樋口亜沙子ギター教室は現在、稼働中です。またまた、最後はパワープレイになりましたが、お読みいただきありがとうございました。
IMG_20180718_101610.jpg
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/
posted by 亜沙子 at 23:47| Comment(0) | 自己紹介

2020年04月26日

客観視することは顔を覆いたくなることもあるけれど、ありのままを受け入れることは大事

ご訪問いただきありがとうございます。
これまでもきっとやれることは、たくさんあったのだと思いますが、改めて何か出来ることがあるのではと思い、参考になればいいなと思いまして、最近は在宅ワークとして色々動画を撮ってみたりしています。
クラシックギターの小品、ヘンツェ作曲 ノクターン

いざ撮ってみると難しい。客観的に聴いてみると、課題は山積み。
やり続けるのみ。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by 亜沙子 at 18:01| Comment(0) | ギター日記

2020年04月25日

クラシックギター

ご訪問いただきありがとうございます。
外出自粛の今、自宅でじっくり向きあう時間が持てます。
IMG_20200425_231331.jpg

この本には、クラシックギターの初級〜上級まで、美しい小品や大曲等、様々な名曲が掲載されています。
私も師匠につき、まだまだ日々勉強中の身でございます。クラシックギターはとても繊細。ひとつひとつの音を管理するのも一苦労ですが、自身の指で直接弦に触れ、弾力を感じ、楽器を響かせる。とても原始的な行為です。
楽譜を読み解くことに集中すると、変な顔になるし、い〜失敗ってなるくらい気の遠くなるような箇所も出てきますが、家でじっくり取り組むことが苦に思わない方にぴったりなんじゃないかなと思います。

さぁ、まだまだ弾きます。こんな時間は音量注意ですがあせあせ(飛び散る汗)
IMG_20200425_234913.jpg
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/
posted by 亜沙子 at 23:48| Comment(0) | ギター日記