2018年04月26日

お母さんのためのギター合奏〜弾々の会〜 5月の日程が決まりました八分音符

おはようございます太陽
ムジカギター教室代表、講師の樋口亜沙子です。

久々の更新となりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

我が家もこの4月から長女が小学一年生
になり、親子共々初めてのことだらけです。
なるようになる、子供なりに何とかするだろうと思いながら頭のどこかでは大丈夫だろうか?とやっぱり心配で一日が終わるたびに何とか今日も無事終わったと
私の方が余裕なく日々過ごしていたんだと最近になって自覚しました(^^;)

娘はと言うと、入学後初めての休み明けこそ行きたくないと一度泣きましたが、3週間近くなった最近では、ちょけて帰ってきたり、お友達と遊んだりなんだかんだ自分なりに過ごしているようです!
こうやって大きくなっていくんでしょうね(⌒‐⌒)
少なくとも私よりは切り替えが早い子なのかもしれません(^^;)
いちいちヤイヤイ言い過ぎな私に、ハイハイ手(パー)みたいにすでになっていますあせあせ(飛び散る汗)

さて、やりますよ顔1(うれしいカオ)
5月の弾々の会(お母さんのためのギター合奏)の日程が決まりましたのでお知らせします。

日時:5月13日(日) 10時〜12時
場所:ムジカギター教室
持ち物:筆記用具、A4サイズの楽譜が入るファイル等、ギター(お持ちでない方は教室のものをお使いください。)
参加費:2,000円

過ごしやすい季節になってきました!ギター始めてみませんか?
楽器経験がなくても問題なしです。やりたいと思えばいつからでも始められます。やってやれないことはないのです。
そう、まさに「はじめたときからはじまる」
ご興味のある方はぜひ、ご連絡ください!どんな些細なご質問もお受けします。
ムジカでギターライフ始めましょう。お待ちしております(^-^)
IMG_7509.JPG

高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by あーちゃん at 11:10| Comment(0) | 弾々の会

2018年04月13日

なぜ弾々の会をやっているのか?

こんにちは
ムジカギター教室代表、講師の樋口亜沙子です。

今日はお知らせです。来る4月15日(日)、お母さんのためのギター合奏 弾々の会(だんだんのかい)の第3回目を開催いたします。ギター
初心者の方を対象としています。

親になると子供のことを考えていつの間にかどっと疲れている、なんていうことありませんか?

こどもはなるようになるから大丈夫と思っていても、自分にそう言い聞かせているうちはやっぱり、こどものことにいっぱいいっぱいになっていて自分を追いこんでし
まっている。

もっと大きな器で子供と向き合おう、でっかいお母さんになろうと思って無理をしてしまっている、お母さんになるとこんなふうに感じたこと一度はありませんか?

正解なんてないとわかっていても、正
解と思い込んで答えを無意識のうちに探してしまう。この行為が自分自身を疲れさせてしまっている。

こんなお母さんになろう、あんなお母さんになろうと思っても無理ですよね(^_^;)

まずはお母さん自身がありのままの自分を思い出して、その自分を良しとして大切にしてあげる。
それだけでもっと広い視点で何事にも向き合えるんじゃないか。

お母さんがこころから笑うことがこどもにとっては一番です。

毎日、家事や子育てにおわれイラッときたっていいんです!それも自分。

以前うちの講師、樋口くんが自身のブログで書いていました。
http://musica09.sblo.jp/article/182177077.html嫁さんに怒られ、怒られ、、、

まるで恐妻みたいじゃないか!一度は穏やかにならなくては(⌒‐⌒)な〜んて思ったこともありますが無理をしてはやっぱりダメですね。
(むやみやたらに怒りまくってるわけじゃないですよ、、、笑あせあせ(飛び散る汗))

とにかく、無理して自分ではない自分を演じても良いことなんてない。

長くなりましたがそんな想いを込めてこの弾々の会を立ち上げました。

自分の生涯の楽しみを見つけにきませんか?

ムジカでお待ちしております(^_^)

MUSICAギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by あーちゃん at 16:34| Comment(0) | 弾々の会

2018年04月11日

鉄は熱いうちに打て〜私が今思うこと〜

こんにちは、
ムジカギター教室代表、講師の樋口亜沙子です。

子供って本当に今を思いっきり生きている。先のことを考えて逆算して生きている子供ってそんなに多くないんじゃないか。だからこそ、ころころ興味が変わる。これは子供にとっては自然な事なのに、子供時代を終えてしまった大人はついつい、こっちの方がいいよ、本当に?もうちょっと考えてみれば?と言ってしまう。その言葉が出た瞬間にこどもは、一気に気持ちが冷めているんじゃないか。冷めてしまうとけっこう復帰が難しい。

何事も子供がやりたい、こうしてほしいと言ったときにはその時出来ることはその時に、それが無理ならなるべく早い段階で一緒にやるか、ときには一人でやらせる。まさに鉄は熱いうちに打て!

これって本当に大事ですね。時間が経てば経つほど気持ちは変わっていく。
やる気のあるときに大人が出来ることは子供を信じること。

これを続けていくうちに、こどもは自信を持ち、意欲的に取り組むようになるんじゃないか。そうすることで、興味のあるもの、無いものが少しずつ本人も感じるようになるんじゃないか。

今の段階で、ですがそんな風に思います。

ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by あーちゃん at 15:53| Comment(0) | ジュニアギターレッスン